プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


3連休、初日は上野公園でフラフラ過ごし
中日は仕事が夜だけあったんですけど千葉の方から夜は突然そっちいくからと中学時代の友達が遊びに来ててずっと我が家のジブリコレクションを見てました。
自分は色々、話をしてたかったんですが、異常に眠かったので友人が来てようがお構いなしに寝てました。

明日は、鎌倉に行く予定。
ちょっと小旅行気分を味わいたいなと思いまして。

もう、そろそろ休日あまりない時期に入るし。

そういえば、紅葉っていつぐらいから見れんのかな。
まだかな。


C2E6C9F7A4CEC3E6BFB4.jpg


大きな風とたくさんの雨を引き連れて
台風が来た。
巨大な雲。
紫に光る空。
とてもキレイ。

この湿った空気と匂いは全部嫌な事を忘れさせてくれる。
もっともっと雨が降ればいい。
もっと風が吹けばいい。

今日は1日ワクワクしてた。

ところで最近ブログ更新をサボり過ぎ。
何もしてない訳じゃないんだけども。

色々書きたい事はあるんだけど。
めんどくさくて。

今日は高速が大渋滞。
あちこちで事故起こしてた。

少しづつ暑くなくなって来た。

もうちょっとだ。
もうちょっと。

静かに土曜日が過ぎる。
土日、何して過ごしてるかってプライベートで聞かれる。
週が明けてから思い出せなくなるから書いとこうと思う。


今日は

洗濯して
ゆっくり寝て

部屋の掃除して
また寝て

ご飯食べに出かけて
帰って来て寝て

駐車場契約に行って
帰って来て寝て

クリーニング屋行って
帰って来て寝て

放置してたブログの過去記事、最後まで書いて
また寝てた

発見した事
100円均一で売っているシリアルは結構おいしい。
柔軟剤たっぷりつけて洗濯しても、お日様のもとに干さないと柔らかくならない。

幸せに思った事
夕方、ラーメン屋いった時に、油そばというのを食べた。
おいしかった。

家から500mくらいしか動いてない。
家でyoutube見てた。

The Beach Boys Barbara Ann


早く秋、来ないかな。
夏って何かしなきゃいけない気がして居心地悪いから。

秋ならうつむいてれば、様になるから。

空が高い。
すみきっていて、とても青い。
蚊の羽音も聞こえなくなってきた。

世間様は行楽日和。
自分が1秒を永遠に感じてるこの昼下がりを
みんな楽しんでたりするんだろうか。

羨ましいな。

自分が出来ない環境になると急に。

サポーターで固定した膝が蒸れて異常な痒さ。
這ったまま洗濯をして、掃除をして、後はニコ動見てた。

すばらしく退屈な1日。
見てたのは、マイケルムーアのドキュメントばかり。

600-0122.jpg


「ボウリング・フォー・コロンバイン」

「Sicko」

「アホでマヌケなアメリカ白人」

面白いけど、ところどころ、強引な論説が疲れる。
悲壮感が作成者側にまったくないあたり他人事感剥き出しで
他人の家に土足で上がる感が素敵。

そして寝る。

やらなきゃいけない事は沢山あるけども
何もしたくない。
全部、明日に投げっぱなし。

明日になったら出来る保証なんか何もないのにね。

おやすみなさい。

静かな静かな何もない世界
真っ白な真っ白な世界

純白な壁に向かい 怨念呪怨を吐き散らす
痛い、痛い、痛い
みんな死ね みんな死ね

手術直後は最悪だった。
麻酔が効き過ぎてて、目が覚めて妙に腹が痛く
人生初の溲瓶を経験。

部屋にあるのはTVと、冷蔵庫
個室にしたものの、相部屋の方が良かったかな。
楽しそうにも見えた。
学生さんとか、全然元気に見えるんだけど
飛び回ってる。

今回の入院は検査1日→手術1日→リハビリ2日と続く。

一番驚いたのが、リハビリ。
入院してるのはスポーツ整形が有名な病院だからか大学生あたりが多いんだけど
リハビリ中、色目使ってる女の子や、ナンパしてる男の子が多く、元気すぎだろと。
若い人が多いからか。
体育会系の大学の子が多いみたい。

思ったのは、リハビリとか男女とものOT/PTっているけども
男性職員は女性の患者に何かにつけ触ろうとし。
女性職員はギャルチックな女性患者には話かけもしない。

ここの人間関係は結構ギスギスしてそうで見てて楽しかった。

ちなみに今回の入院はこの病院の大学教授が知り合いだったのでフル活用したので何かと治療に関してはvip待遇だったと思う。
担当PTはご高齢の俺の母ちゃんくらいの人で、ご指導の賜物で半端なく痛かったけども手術して12時間で杖使えば一人で歩けるようにしてもらえた。
ちょっとびっくりした。
ただ、膝から大量に血が出たので注射器で吸い出してもらった。
やはり自分は自分の血と注射が苦手。最悪。

もうしばらく、病院に来たくないけど、次の来院が次週水曜。
そこまでには何も使わないでも歩けるようになってたいな。