プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今年は大量に人が入社して大量に人が辞める。
やっぱりきついんだなあと自覚する。

世のブラック企業は多々あるけども
そういう会社は基本姿勢がいなくなるのを想定して多めに採用する。

入社試験はザル試験。
基本的に希望部署などは全部無視で全員ソルジャー部隊に加入。

内勤を最初から希望する奴も多いけども
うちの会社に限って言えば、女性でなければ内勤は外勤で使えなかった奴か
超ハイスペックで3言語使えてコミュ能力高い奴、社長の縁故のどちらか。

基本的に学歴は入社5年は関係ない。
旧帝大卒でもパシリ。

何を間違えたのか、それとも本当に世間が厳しいのか旧帝卒が大量に入社して早々に
辞める。
去年は徹夜仕事で翌朝に先輩にタバコ買ってこいといわれ、そのまま戻ってこなかった。

賞与が高いからそれに惹かれて次々入社するけど大体もたない。
残るのは俺のように全て諦めてる奴、結婚して子どもがいて逃げ場がない奴
灰汁が強い奴、運が強い奴のどれか。

自分は入社7年経ってチーフ→主任→係長となっても「あー。会社辞めてえ」は未だに口癖で一日100回くらいは口にする。
入社直後は1日に10000回は口にしてたから100分の1くらいの辛さにはなったって事か。

入社直後の新人に多分今年も同じ事を研修の最初に自分は話す。
ここで生き残るつもりなら3年は全ての希望を捨てろ。
自分が人権を持ってる事は忘れろ。

話をするたびに自分がやめたくなる。
img_597405_10952715_0.jpg

人の持っているしあわせの質量は常に一定量だとおもう

何かを得ると同時に何かをなくして
得続けているように見えて実は既に失いつつあり

例えば恋人が出来たとしても
いつかはその恋人とも別れる

仮に結婚したとしても恋人ではないので既に実は失ってる

維持する為に自分自身を切り崩すので
しあわせの質量的には永遠と同じ

大金を得たとしてもすでになくし始め
得た所で自由をなくし

満たされる事なんかない

今がしあわせならば、その後に同質量を間違いなく失う
生まれてずっと不幸と感じているならば、多分この後も永遠と不幸のまま

ただ、年齢とともにしあわせの基準が変わるので
年代に応じて差し出す対価を年齢相応に変換させていくのが懸命

なんか、春って苦手なんだ

頭がボーッとする

最近、ブログの更新頻度がfacebookのせいで落ちっぱなしだ

090811FacebookLogo_10_th.jpg


実名でやらなきゃいけないのと一応、社会人なので
それなりに人間関係があるのと、よりによって営業なので
友達では決してないけど知り合いは多分普通の人より多いので

本音でかけないし、なんか嘘っぽい写真を取りあえず載っけて
リアル充実してますって雰囲気を全面に出さなきゃいけないのがめんどくさい


くそが。

mixiもそうだったけど、合わないんだよ。
こういうの。

ずっと懐かしアニメにハマってる。

家に帰るとすぐにスーツ脱いで風呂。
湯が張れるまでゲームして風呂はいりながらやっぱりゲームして
風呂上がりはドンキホーテで安かったレディーボーデンを食べながら
アニメ見てる

大体、0時頃から視聴スタート。

今日見てるのはゲゲゲの鬼太郎
story_img_2.jpg

何年か前にやってた墓場鬼太郎の方が面白かったな。
なんか大人っぽい感じだし。

でも、妖怪ポストどこかにないかな。
うちの会社、権力と既得権益にしがみつく妖怪みたいな爺さんだらけだから退治してもらいたいんだけど。

夜になると眠りたくなくなるな。
日中眠くなるから寝た方がいいのに。
無駄に起きて、別に見なくてもいい動画ばっかり見てる。

今見てるのはハイスクール奇面組。

4b5cdbe3c35acaadabac56cfcc31dc8e.jpg



そういえば、yahooのプレミアム会員なのでgyao動画が見放題だった。

土曜日いつも見てた。
土曜日はいつも学校が終わったら友達と少しゲームしてから
水泳教室に行って、終わったらメローイエロー飲んで家に帰って
風呂に入ってカレーを食べながら見てた。

しあわせだったなあ。

次の日も休みで毎日近所に住んでる友達と遊んでばっかり。
戻りたいけど、あの頃はあの頃で結構色々と悩んでいたような気がするし
自由もあんまりなかったしそれはそれでつらかったかも。

もう覚えてないけど。


また、免停になる。
今度は150日。

上限じゃないかな。
免停の。
多分。

人生8回目の免停。

今度は信号無視。

そういえば、3回くらいしかクルマ乗ってないよ。

なんでクルマ買ったんだっけ。

もういいよ。もういいよ。

いつも自分は何事かの練習をずっと続けてて
いつも本番に備えてた。

いつくるのか。
まだ、こないのか。

気づいたら30をとうに過ぎてて
周りは自分の人生を生きていて、人によっては
人の人生を支えてて。

彩り鮮やかな人生を生きてる。

いつも自分は何事も全力で練習をしてた。
そこそこな点数を毎回出してる。
努力して、我慢して続ければ何事もそこそこにはなれるから
毎日我慢してる。
結果、安全で確実で一番楽だから。

ただ、練習では本気は出さない。

去年の夏頃くらいか。
朝起きて、鏡を見て愕然とした。
誰だ、このおっさんはと思った。

自分の中の自分と、自分を形作る入れ物が合ってない。
まだ自分は子どもだと思ってたのに。

しっかりおっさんになってた。
まだ、遠い先の事だと思ってたのに。

焦る。
自分のキャンパスはまだ無地の白い色のまま。
このまま、死んじゃうなと思ったとき急に焦る。
そういう事か。
同じ年齢あたりの奴らが急にまじめに人生生きるようになってたのは。

もう、時間ない。