プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出

夏休み、もう少しで終わりですね。
この時期、少し寂しくもあります。
もう、終わりかって。

生まれ育ち共に、千葉県のすみっこという
ローカルな場所で育ちました。
東京都と隣り合っている所で川を挟んで向こう側は東京でした。
緑が多い所で、神社やお寺が多い町です。

街にある唯一のデパートは伊勢丹です。
それも小さめです。

川向こうの土手では、ゴルフなんかを大人の人がしています。

こっちの土手では、土手の上から子ども達が改造した自転車で
どれだけ川岸ぎりぎりで止まれるかっていうチキンレースをしていたり
近場の駄菓子屋でお菓子を買っては土手っぺリで食べてました。

遊び疲れると、川の近くで東京の方を見ながら
友達と将来の夢なんかを語り合っていました。

川の向こうに住む人は、なんかみんな輝いていて
いいにおいがして、みんな爽やかで、かっこ良くて
洗練されていてキラキラした街だと思っていました。

自分の子どもの頃の夢は、父親のようにスーツを着て
電車に乗って東京の会社に行って仕事をすることでした。

常磐線という青い電車。
信じられないくらいたくさん人を乗せて。
東京に向かう電車。

少し大きくなると夏の休みのこどもたちの冒険は、決まって東京に探検に行きます。

自分がはじめて行った東京の町は、上野でした。
小学生3年生のころ。
兄と兄の友達と自転車で、当時父親に買ってもらったばかりの自慢の赤い自転車にのって。

西郷さんの銅像の近くに自転車を止めてアメ横とかを探検。
アメ横は今もかもしれないですけど、当時は不良っぽい服がいっぱい売ってて
実際、そこに服を買いにくるのもオシャレな人というより不良を目指す人だったり
実際に不良な人だったり。
ガラが悪い。

汚い町だな。
これが最初の印象。
悪そうな人、汚い人しかいないと思いました。
当時の上野は、海外から出稼ぎで来ている外国の人がたくさんいて
偽造テレカとか、偽物のバッグとかを売っていて。
中学生くらいの人にカツアゲを喰らい、泣きながら帰りました。
なけなしの500円を。。

いまだにカツアゲされた場所を覚えているので
あれから20年以上経ってます。
いつも苦々しくそこを通ります。
スポンサーサイト

北海道ってどっち?


北海道と東北地方の担当になった。
これは。。
左遷と呼ぶものではなかろうか。

なんと。

この歳で、出向喰らってたんだけど。俺。
明けたばかりなんだけど。俺。

夏場はいいけど、冬場は死んじゃいそうだな。
思わず、頭の中でカンタータがリフレイン。
地場もなにもないよ。
知り合い、一人も居ないよ。
寒いって事以外知らないよ。

いいことねえな。さすが。

O Fortuna, おお運命の女神よ
velut Luna statu variabilis, 移ろう月の如く
semper crescis aut decrescis; 汝は常に満ち欠けを繰り返す
vita detestabilis 情け容赦無い忌むべき世界
nunc obdurat et tunc curat
ludo mentis aciem; 感情のおもむくがままに
egestatem, potestatem, 競争 貧困 権力
dissolvit ut glaciem. 氷の如く溶けていく

Sors immanis et inanis,破滅 粗暴 虚無
rota tu volubilis, 揺れ動き
status malus, vana salus 定まることなし
semper dissolubilis; 恩恵なきままに消え行くのみ
obumbrata et velata 影に潜みベールに覆われ
mihi quoque niteris; 重く圧し掛かり来る
nunc per ludum dorsum nudum 汝の邪(よこしま)なる戯れに
fero tui sceleris. 今や顕わなる背後を晒すのみ

Sors salutis et virtutis 繁栄と美徳は
mihi nunc contraria; 我が身には遠く
est affectus et defectus 運命の為せる業に
semper in angaria. ただ従うのみ
hac in hora sine mora
cordae pulsum tangite! 今こそ弦を鳴らさん
quod per sortem 幸運により
sternit fortem, 刺客は滅ぼされん
mecum omnes plangite!皆で哀歌を歌い上げよ

Carmina Burana O Fortuna 

一日くらい会社休んでも誰にも気づかれないよ多分

一日、会社をずる休みしてました。
何してる訳じゃないんだけど。
今、仕事が暇で。
行っても意味ないし。
タイムカードがそもそも会社にはないので。

家ではyoutubeで懐かしい番組とか漁ってた。
学校へ行こうのB-Rap:HIGH SCHOOL
軟式グローブとか、騎士男とか見てた。

今見てもおもしろかった。

さっき、午前3時くらいにコンビニに買い物に行って
すごい星がきれいでビックリ。

立ち番してる交番の警官と一緒に、今日、星がきれいっすね。って話をして
今日、一日誰とも話をしていないって事態だけは避けた。

今日は働きます。
サボった分、仕事がたまってるし。

寝苦しい。
暑い。
朝方寝付いて、起きてもまだ1時間経ってない。
何度も睡眠が途切れるので何度も夢を見る。
浅い眠りの証拠だ。

今日、見たのは中学時代の同級生のこと。

全然仲良くはなくて、どちらかというと苦手意識を持ってた。
すごい華やかな奴で、身長も高く、バスケ部のエースで
頭も良くて、モテモテだった。
学校にひとりはいるスーパースター。

こういう奴はたいてい、嫌な奴と相場が決まっている筈が
いい奴だったと記憶。
学校の中のカーストで転校したばかりということもあり最下級の存在だった自分にも時々気さくに話しかけてくれた。優しかった。

高校の時には、ライブに呼ばれてなんだかよくわからなかったけど
2回くらいはいったと思う。
ライブでは5組くらいバンドがスケジュールされている中のオオトリ。
女の子がたくさん来てた。

ライブハウスに行くのがはじめてだったので
ワンドリンクサービスでみんながビールのんでる中で
自分はコカコーラをちびちび飲みながら聞いてたけど
うるさいだけだったという感想を持ってる。

浪人時代も何度か誘われたけど、二度と行かなかった。
自分に引け目を感じてたし、うるさいだけだし、酒とか飲めないし。

もう、目が完全に覚めたので、ネットで中学時代の同級生を検索した。
自分の中では禁忌にあたる行為。
前、mixiで同じ事をして、信じられないくらい凹んだから。
ちなみにその時、検索したのは当然、若い頃好きだった娘。

中学時代のスーパースターも30過ぎのおっさんになったら
どういう風になっているんだろうって気になった。

バンドでは成功してない事はわかっているけども、オシャレな奴で頭も良くて
器用な奴だったから会社経営とかでもしてるのかなと。

サラリーマンは絶対してないだろうなと。
似合わないし。

どうやって調べたもんか、迷って、結局実名をGoogleでまずは検索したらすぐ
facebookでわかった。
実名登録って怖いなやっぱり。

一瞬でわかった。

売れないバンドマンだった。
ギターを弾いていて、youtubeとか動画サイトに色々投稿してた。

ブログを書きながら全曲聞いても、良さがさっぱりわからない。
いろんなサイトを巡り、ライブ映像とかもブログ書きながらチラチラ見てる。

なんかのパクリに見えなくもない。
同級生のライブ映像って事がわかってなければ、多分3秒も見ない。

大学は中退して、バイトを続け、外国を巡り、ライブをして
今もバイトをしながらライブをし、動画配信を続けてた。

パフォーマンスメインで生きてる人間としては
facebook見ても友達が多いとは言えない数。

寂しくなった。
こんなもんかって。

TVで芸能人とか見る度に、こういう人たちは
本当に別格クラスなんだなと。

俺、芸能人というか見たことがある有名人は桂歌丸師匠だけだから
よくわからないけど。

No.770

770回目の更新。

どうせなら777回目の更新で気づきたかったな。
いい記念になるし。

昔から日記を書くのが好きで
一番ふるいのは17歳くらいから実は取ってあったりします。
紙媒体なのでめんどいので写したりしようとは思わないけど。

このブログは、ほとんどが書き手がひたすら吐き出すだけ吐き出して振り返らないスタイル
なので、間違った事を書いてても、恥ずかしい黒歴史が残されていても指摘されても無視してます。

最近はブログを書いてる人ってほとんどが小学生らしいですね。
TVでやってたんですけど。

小学生時代からネットでクダ撒いてんのかと思って色々調べてたら、このブログなんかより数段読みやすいし何より情報発信がされてた。
エラいなあと取りあえずモニターの前でパチパチと手を叩くくらいの事しか出来ませんでしたが。

情報発信、してないなあ。

発信する事、ないもんな。

第一、伝えたい事がないもんな。


寝る時、いつも同じ事を妄想しながら寝てます。
子どもの頃からなのですが、暗いのが怖いので脳内で武装して悪者と戦いながら寝るというのを未だに20年以上してます。シチュエーションは20年間以上のキャリアがあるので実に多彩。
最近はロボットとよく戦っている内に眠りにつきます。

おやすみなさい。

ジェネレーションギャップに悶える

すっごい暑い。

夜、10時くらい。
街灯に照らされて歩いていると
独特の夏の匂いが日に日に強くなっているのを感じる。
でもこの夏の匂いが強くなってくると、もう夏も終わりの証拠で
秋が近づいて来てるからあと少し。

最近、夜、仕事が終わったら毎日走るようにしてる。

山をのぼりくだりで駆ける感じで、3キロくらい。
全身、汗だくだけど
走っているとダンダン苦しくなり
いつも悩んでいる人間関係、仕事上のトラブル、将来不安、
もうどうしようもないことを考えている場合じゃないくらい肉体的に苦しいので
心理的には忘れられてとてもいい。

ちょっと体力もつくし。

自分の悩みはfacebookには絶対書けないからこっちに書くんだけども
将来不安が大きく占める。
あっちは、リア充気取らなきゃだから。

仕事の壁にかなりブチ当たっていて、自分の職務が完璧に自分の器量を超えてるのを感じてる。
伸びしろとでもいうんだろうか。もう、自分にはあまりない。

ひとりで働いてる方が本当にいい。
ジェネレーションギャップってのをすごい感じる。
もう、団塊世代は抜けたから、今、一番会社で上役になっているのはほぼシラケ世代にあたる。
印象としては、各世代はうちの会社に関してはこんな感じ。

団塊世代
:ガミガミうるさかった。ガムシャラが好き。それを他人にも強要する。
 口癖は「死んでも働け」
シラケ世代
:個人技大好き世代。バブリー時代の武勇伝を語ると世が明ける。
 口癖は「俺流」
新人類世代
:周りにとにかく同調。チーム内の連携プレー抜群。ただ、シラケ世代のパシリ。
 口癖は「取りあえずいいんじゃないかな」
バブル世代
:気取り屋。得意なことだけ超一流。苦労したのか世代丸ごと鬱っぽい。
 口癖は「いいからやれよ」「めんどくせえ」
団塊ジュニア世代
:親ゆずりか、他世代と交流しない。一番の功績は付合いの悪さで社内飲みにケーション撲滅。
 口癖は「そういうところがウザイんだよ」
ポスト団塊世代
:地味な空気感。将来の夢も希望もとくにない。就職戦線異常なしなバブルとよくトラブる。
 口癖は「空気読めよ」
ゆとり世代
:離職率超高い。まだ残ってるのはまだ優秀なほう。でも今にも辞めそう。
 口癖は「コレ、俺の仕事ですか?」
シラケ、バブルジュニア世代
:まだ、未知数。なんの役にも立たないけどバカ程かわいい。

いっぱい久しぶりに書いて疲れた。
おやすみなさい。

さよなら横浜


一人暮らしをして、この夏で5年。

最初は会社の社員用の寮のマンションにはいり
次に近くのマンションに1年
今のアパートに引っ越して4年。

今のアパートははじめて自分で選んで住んだというのもあり愛着があり
会社からもすこし離れることからやっと自分の好きなように暮らせると毎日が楽しかったなと。

自炊するのもはじめてだったし(滅多にしなかったけど)
好きなマンガに囲まれる生活がしてみたかったし(すぐ飽きて結局捨ててたけど)

堕落した生活を送りたいなんて思ってたけど、堕落するにも資金的にも時間的にも余裕がなきゃできない贅沢な生活なんだなというのを理解できた。

自分が一人暮らしをして一番購入して正解だったなと思ったには自転車。
ふつうのママチャリだけど、自転車で週末に買い物に遠い所までいけるようになり
随分と生活が楽しくなったし、外に出るのが楽しくなった。
自然とアマゾンはじめとしてネットでなんでも買う習慣になっていたけども
やはり現物見て買う方が楽しい。

3キロ範囲内ならどこでも行けるし、気分的に行動的になれた。
それまで通勤経路以外は家の近所に何があるのかも知らなかった。
クーラーを部屋に付けていなかった去年までは夏は自転車に乗って風呂上がりは涼むのが日課だった。

徒歩でもいいんだけども買い物とかすると帰りを気にして買えなくなったりする。
中華街や赤レンガ、山下公園や馬車道あたりを走っているのが好きだった。
週末はカップルが多くて、ひとり歩いているのが厳しい環境下でも自転車なら平気。
一人で乗る物だから。不自然じゃないのが尚良い。

実家にいた時は最寄りのコンビニ行くのに徒歩20分、駅に行くのに30分
図書館いくのに徒歩1時間だから徒歩なんて選択肢になかったけど。

で、なんでこんなことをダラダラ書いているかというと実家にもどるから.
いよいよ配属が変わったので横浜を離れることになり、千葉の実家の方が次の職場に近い。
2ヶ月くらいしたら今度はスカイツリーの近くらへんに引っ越す予定。

再来週引っ越し。
今、見積もりを各社から取っていて不動産関係の手続きとか色々こまごまと準備。
せっかくだから、来週にでも思い出づくりにあちこち写真を撮っておこうと思う。
ついでにポートタワーでも昇っておくか。
一生こなさそうだし。

3年住めばどこでも都だなとおもう。
本当に、横浜って水が合わないと思ってたけど、思い返すとやっぱり幸せだった。


日記を書く癖が抜けちゃった。

決算が明けて、日頃、仕事が明けるのが早くなって夜9時最終退社になったので
9時10分には自宅にいるから夜は走ることにした。

そんなに以前程、忙しくなくなったし。
若手が多くなったから雑務が減ったし。

それでも月に70時間残業。
今まで200時間超えてたからこれくらい全然、楽。

ただ、逆に夜寝る時間が遅くなった。
ネットであそんだりする時間がすごい増えて。

今まではブログ更新する1時間くらいの間に
アニメ1本見て、夜ご飯食べて、寝る準備してと寝る直前まで忙しかったのに。

だらだらgyaoでナショナルジオグラフィックとか永遠と見ちゃってる。
もうね。面白いとか面白くないとかの問題じゃなく、どうやって暇をつぶすかみたいになってる。

持て余し感が半端ない

数少ない友達が、夜な夜な暇らしく電話をしてくる。
みんなおんなじなんだなと安堵する一方で、なんか色々間違ってる気がしなくもない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。