プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

1/27


刃物マニアな自分は刃がついてればなんだって好き。
なんでか刃物を研いでたりすると気持ちが落ち着く。
磨いてると気持ちが晴れる。

最近、ヲタなだけでなくちょっとヤヴァい方向に逝ってしまってるのは自覚してる。

一振りだけ持ってる自分の愛刀は藤原元久刀匠に鍛えてもらった現代刀。
刃長が二尺九寸7分とちょっと長寸。
振り手の軸がしっかりとしないと軸がぶれる。

柄まで入れると120cmと長い。
昔から日本刀を買おうって決めてた。
働き始めた時にあった借金も落ち着き、買ったとしても2,3ヶ月は生活できるって自信がついたから買った。

元久を選んだ理由は、現代刀匠の中で実戦派と言われる人だった。。
振らないけど、使わないけど。
それと何よりも長刀を探してた。

普通は骨董品好きな人だと古刀を選ぶものだけども、自分の場合
古臭い高いだけの刀に興味0.

よって、迷うことなく現代作家の作った刀を選択。
一度、刃の油を拭っている時に落してしまい、手首を切ったのと
床に落として刃毀れさせてしまった以外は大きなトラブルなし。

1年前に研いで貰って、白鞘を誂えなおして貰ってからは問題なし。
手入れが時々面倒だけど、時々錆びるけど今でも一番の宝物。

拵えがないからずーっと白鞘に入ってる。
太刀拵でも拵えたいなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する