プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな人生像ってなんぞや?の巻

今日、熱海に行った。
小田原に行った。
湘南の海に行った。

仕事中だったんですが、なんともはや。
やる気がしなかったので。
海が見たかったんです。。

海を見てたらこういうところで暮らしたいなあと俄然思いまして・・・。
ちょっとやる気出して会社戻って仕事しようかなと思って駅に着くと不動産のフリーペーパーが駅の券売機のところにおいてあったので見てたんです。

どれもずいぶんと安い。。
熱海とか湯河原とか小田原とか。
観光地だし今不況だしで別荘地に家買う人も少ないのかな。

家の購入というと、自分の親が家を買ったときのことを思い出します。
実家は持ち家なんですけど、2回引越ししてましてちょうど高度経済成長期。
そしてバブル真っ盛り。

自分が住んでいる千葉県でも地価の高騰はすごいものがあり、1億程度は出さなければ随分と小さな家になってしまうので両親は鬼の25年ローンなるものを組んでいましたな。
今思うとすごいなと。
月々の家のローンが25万。ボーナスで100万。

それがいざ払い終わってみると今や我が家の土地評価額は1/4。。
老いた父母の終の棲家として買ったわけなので自分が口挟むいわれはないんですが、どうみても失敗だよなと。

都心部へ遠いし、辺鄙だし。
ただ、どちらかというと自分も都会に住みたいとは全く思わないほうで、仕事でどうせ都会に出るんだから生活は田舎でしたいと思うほうなので分からなくはないんですけど。

多分にしてバブル期に家を買った両親を持つ子ども世代って「家」を買うって事に関してみんな理想ってないだろうなと思うわけです。

中古物件でバブル期の1/4程度のお金を出せば買えますけども、もっと待てばもっと中古なら安くなるだろうし。
買う気がしないのですよ。
そんなお金があったら早くリタイアできるようにお金貯めたいと。

ただ、こうも思うわけです。
自分の両親然り、人並みに週末は外食や旅行を楽しみ、人並みに身分にあわせた車を買い、それなりの庭付き一戸建てを買い、人並みに子どもを産み育て、人並みに子どもを塾なんかも通わせたり習わせたりと教育し、定年後は夫婦で海外旅行三昧。

こういう「人並みな幸せ像」が確立してる人って自分の欲求や権利に対して貪欲であるのでぶれないし、道から外れないから失敗も少なく結果としてリスクが少ない人生だから幸せにも一見すると見えるなと。
それに欲求が絶え間ないから努力し続けるし。
○○が欲しいから、こうありたいからという理想が確立してると幸せだろうなと。

自分の場合、努力はするけど理由が消極的でベクトルがマイナスに向かって働いてるからなあ。
「一秒でも早く怠けたいから、今がんばる」

物語の「兎と亀」でいうと絶対に「兎派」。
蟻とキリギリスだと「キリギリスになりたい蟻」

そりゃ人生ぼやけるわ。

テーマ : 快適な生活のために
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。