プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田ヨクサル

毎日寒いですね。
風呂って大事。

朝、家を出る前に入りますし
夜、帰ってすぐ入ります

もうね。
間接の隅々まで錆びてるんじゃないかな。
怖いですよ。over30。

自分の身体じゃない感じ。
朝なんて自分がブリキのロボットになった気分。

20代の頃、30代の人ってなんでか朝強いイメージがあって
もっとシャキシャキしてるんかと。

ああ、今だからわかるんですけど。。
あれ、痩せがまんっすわ。

すごいよね。
見栄って。

劣ってるって思われたくないから耐えてるんだけどさ。
どうがんばっても無理なわけ。
イメージは若い頃の記憶が結構リアルに残ってるから余計。

そういえばです。
会社で新卒や昨年の新人君とかとよく最近ご飯食べるんですけど
やりたいこととか将来の自分像とか夢とか語るんですよ。
すごいなあって。素直に思うんです。最近。
人にそれだけ訴える力があるってことですしね。

それだけ、今から逃げたがってるだけとも取れるんですけど。
「本当の自分はこうじゃないんです」ってみんな言うんです。

自分は特別じゃないって気が付いたのいつだったっけなあ・・・。
確か27、8くらいだったっけ。

それまではなんか頑なに自分だけはって思ってたような。
まあ、自分にがっかりする前に、自分の限界に気が付いちゃう前に
一歩でも少しでもなりたい自分になるといいと思うんです。

大人になると、苦労しないで相手が求めてる80点位の事はサラッと
出来るようになるんですけど、100点取れなくなるんですよ。

取ろうとしなくなるってのが本当だけど。
だって100点とっても見返り少ないってことを知っちゃうからだけど。


今日買った本っていうか雑誌。

ヤングジャンプ・・・。だけ。

ガンツ面白い。
いつも見てる。
でも漫画持ってない。

昔、HENって漫画は持ってた。
でも、思春期が終わって大人になったときキモくなってブックオフに売った。
だから今日は書かない。

今日紹介するコミックスはハチワンダイバー 柴田ヨクサル
ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2006/12/19)
柴田 ヨクサル

商品詳細を見る



将棋漫画のはずなんだけど、将棋の棋譜とかまったく触れない漫画。
正直、ふつう将棋の漫画描いてるんだったらもっと名人の棋譜とかを参考に
盤上の戦いでも描くのかと思いきや、今のところいっさいそういうのなし。

将棋しかない、将棋=人生な人々の物語。
盤上にダイブして超集中力を発揮して戦う主人公。
受け師という二つ名を持つ棋士に戦いを挑み負け続ける主人公。
いつしかそれは恋心に。
その受け師は鬼将会という集団に父と兄を殺された過去を持つ。(何で将棋で殺されるのかは不明)
恨み、無念を晴らすため、鬼将会という将棋に命をかける集団に戦いを挑む漫画。

12巻では挑戦権を得るために肩慣らしに100人と将棋で100面譜。

ここまで読んでてなんだけど。
まあ、正直、将棋じゃなくてもいいよね。
見ちゃうけどね。
いつもはヤングジャンプで読んでる。
去年のこの漫画はすごいっていう賞かなんか(わすれた賞の名前)でノミネートされてた。
面白いです。

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。