プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michael Ende Momo.

もう春っぽい雰囲気ですね
変に暖かかったり
一部ではもうサクラが咲いてます

昨日、仕事で品川→横須賀→鎌倉→小田原って
ずっと海岸沿いに車で走ってたんです

海にもサーファーの数が随分増えましたし
なんだか海も、冬の海とちょっとだけ色味が変わってきました

海の色って季節によって色味が違うんですよ
多分、違います

自信はないんですが
冬の海はなんだか黒っぽいというか

海岸線沿いでゆっくりするのが好きでこの時期はよくいます
休日だろうと仕事中だろうと夜だろうと昼だろうとよくいます

何故なら、唯一花粉の影響が少ないからです
海風なので花粉が乗ってないのでかなり楽です

杉花粉アレルギーなので、日本の杉の木は全部枯れてしまえばいいと
半分くらい本気で思ってます

今日は雨が降っていて、外に出るのがめんどくさいです
買物にでも晴れていたら行きたかったんですけど

こういう時に車持ってないと不便だなあと本当に思います
以前実家に住んでたときは、雨だろうと雪だろうと寒かろうが暑かろうが
車に乗ってどこでも行ってたなあと

休日に一日家にいるということがまずなかったんですけど
久しぶりに今日は一歩も外に出てません

家でお菓子食べながらずっとPC三昧です
実家にいた頃、お菓子は常にどっかしらに置いてあって
我が家の場合、やたらとケーキ系が多かったです


ところで今週読んでいたのは momo です
何も買ってないのでお気に入りの本ばかり読み返してます
風呂でいつも読んでるから表紙もふにゃふにゃしてます

Momo. SchulausgabeMomo. Schulausgabe
(2005/07)
Michael Ende

商品詳細を見る


もう何度も読んでます
とある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちに
よって人々から時間が盗まれ、みんなが心に余裕が無くなってしまう
貧しいけれど友人の話に耳を傾け、自分自身をとりもどさせてくれる
不思議な力を持つ少女、モモの冒険によって、奪われた時間を取り戻すというストーリー
忙しさの中で生きることの本質を忘れちゃった人にはお勧め

昔、大学生だった頃に恩師(なんですけど名前忘れた)に読むことを薦められました
今、時間に追われるように生きるようになって初めて恩師が何を自分に
言いたかったのかがわかりました

読んで感じることは人それぞれ、児童文学なんですけど子どもだと意味は深すぎて理解できないんじゃ
ないかなとは思いますけど

もう一冊、ミヒャエルエンデの本は邦題で「終わらない物語」という本があるんですけど
ネタがなくなったら書こうかなと。

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

no subject

モモは、小学生の頃に田舎の図書館で読みました。
果てしない物語も。
(映画は似ても似つかぬ代物でしたが、)本は良かった。
あの主人公と、主人公が読んでいる物語が交錯するストーリー形式に度肝を抜かれた11歳。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。