プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hannibal Rising

やばい。
久しぶりにやばい。

仕事中眠すぎる。
自分の仕事は営業なのでよく外に出る。

最近、アポイントが昼だったら1時間で着くのに
3時間前には出て、2時間は爆睡してる。

午後はだいたい夜の8時頃にアポイントが毎日あるんだけども
午後は丸々おもいっきり寝てる。

今日は一日で7時間くらい寝てた。

この時期は苦手だ。
外の風が気持ちよすぎる。

ハンニバル ライジングを借りてみてる。
af7844dbd65d0eae.jpg

内容は下記。


ハンニバルは、リトアニアの名門貴族出身。1944年に戦禍を逃れる為、レクター城から隠家に移動。
そこでソビエト軍とドイツ軍の戦闘が起こり、幼いハンニバルは両親を失い妹ミーシャと二人きりに。

戦争孤児となりながらも、隠れ家で妹と二人で暮らすが
そこに敗走兵が来て二人を拘束。食料が尽き敗走兵に妹を眼前で食べられ記憶喪失。


8年後、ソ連の孤児院となったレクター城に、孤児の一人として収容されていたハンニバル。
フランスの叔父の下に向かうことを決め、逃亡。


東側共産圏から西側に密入国し、叔父の家に着くも、既に叔父は他界。
未亡人のレディ・ムラサキが暮らしていた。そしてハンニバルはムラサキの下で生活を始める。


レディ・ムラサキのもとで剣道、作法を教わり優れた青年化するが刃物ヲタ化も進行。
ある日、ハンニバルはムラサキを侮辱した柄の悪い肉屋と喧嘩し日本刀で斬首し殺しちゃう。
警察の事情聴取はムラサキがなんとかフォロー。


ハンニバルは、奨学医学生としてムラサキとパリへ。人体解剖に勤しみ過去の記憶を自白剤で辿る。
彼らの顔を思い出したハンニバルはそれを絵に描きとめ、復讐を誓う。


記憶を更に遡る為、ハンニバルはかつて妹と暮らした隠れ家へ。
しかし、妹を食った連中の一人が入管局の軍人でハンニバルを見つけ、尾行。
闇討ちされそうになるが、ハンニバルは返り討ち→生け捕り。
食われたまま放置されていたミーシャの遺骨を見つけ埋葬した後、捕まえた男よろ
仲間が現在はフランスにいることを聞き、妹の墓の前で殺す。


フランスに行き、ハンニバルは復讐をしていくが、警察もロックオン。
妹を食べた男達のリーダー格を拷問している時に記憶が一部また甦り戻り、
自分も妹の肉を食べていたことを思い出し完全崩壊。


時は過ぎ、ハンニバルは死亡したと見られ、捜査は打ち切られるが
最後の一人を殺すため、カナダに向かい、これを殺して復讐を完成させる。

アメリカでは最初はすごい公開される前は人気だったが、すぐに人気がなくなった様子。
日本でもあまり人気が出なかった。

なんか、狂気っぽさが足りない気がする。
サイコっぽい感じがちょっとね。

youtubeで見れた・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

no subject

個人的には「羊たちの沈黙」が一番好きです。
邦訳は今ひとつセンスに欠けますが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。