プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押切蓮介

さっきまで凄いやさぐれてた。
何故かというと、まあ、その、漫画の影響でして。
今日、東京の本社で仕事してて帰りしなにPC買おうと思って
アキバに行ってたんだけどどんなのがいいのかわからないのと荷物が凄い多かったのでまんだらけでいつも通り漫画買って帰ったんです。

暑かったし、荷物多かったし、スーツで汗だくだくだし。
痛み止め切れててあちこち痛いし。
ご飯食べる暇ないくらい忙しかったし。
それにちょっと疲れてたから。

いつも通り、鈍行の京浜急行に新橋から乗って漫画読んでたんです。
三角草:押切蓮介著。
ミスミソウ 1 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)ミスミソウ 1 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)
(2008/03/17)
押切 蓮介

商品詳細を見る


救われないお話でして。
中学三年生でヒロインは引越しして田舎の学校へ。
そこでいじめにあっちゃうわけ。

いじめの延長で、いじめグループはヒロインの家に火をつけちゃう。
ちょっと遊び心のつもりが、ヒロインの家族全員が死んじゃう。
そこからの物語。
もうね。みんながみんな悪人なの。
悪意やちょっとした子どもならではの悪戯心、集団心理
家庭内暴力と殺人、いじめられっ子がいじめっ子になって。
誰も救われない。

読んでて気が付いたら横浜過ぎてた。
3巻まで出てて、一気読み。

この読後の胸焼けするような世を恨みたくなるようないじめられてたことがある人なら、想い出し怒りしちゃうような漫画だった。

ちょっと前に押切蓮介の漫画は買っててピコピコ少年っていう著者が主人公で子ども時代のゲームに命かけてた内容ですごい同じ年代の人間としては共感持ってて今日も脳みそをやわらかくしたくて買ったんだけど、なんとも疲れた。

ピコピコ少年ピコピコ少年
(2009/09/17)
押切 蓮介

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。