プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどものころのたからもの

子どもの頃、自分の心臓の音が怖くて眠れなかった。
意識しないで勝手に動く器官。
なぜ、この弾力ある鈍い音を立てながら
確実に誤差なく動くのか。

いつか止まるんじゃないか。
いつか、自分の心臓は音を出さなくなるんじゃないかと。

だから寝る前はいつも明日起きないで死んでしまう事を
考えて遺書を書いてた。

親はそれを絵日記と勘違いしてたけど。

遺書にはいつも宝物の在処を書いてた。

宝物は当時集めてたビー玉と、ビックリマンシールと
キン肉マン消しゴム。
ブロックを削って作った白い粉、
ミイラ状に乾涸びた蝙蝠の死体とつくば万博で買ってもらっためのうが宝物。

まあ、ゴミだ。

子どもの頃の宝物ってだいたい大人になるとゴミにしか見えない。
実際、うちの実家の父もガラクタと呼んでた。

いつしか、思春期に入り、子どもっぽい事や子どもじみた事が
嫌いになる時期がある。
その当時に他の人と同じように通過儀礼的に自分もこの様々な
宝物達を捨てた。

ただ、珍しいからと取っておいたものもいくつかある。
めのうと、蝙蝠のミイラ.

これらは今もうちにある。
ミイラは未だに獣臭い匂いがする。

もう20年以上経つのに獣臭い。
この匂いもブログに貼付けられたら面白いのに。

先週、出張の途中で実家に寄った時に見つけたので
持ってきた。

蝙蝠
蝙蝠

瑪瑙
めのう

うちの実家があるところは、戦時中 飛行台だった。
海軍の敷地。
爆弾工場が立ち並び、飛行場と軍事貨物列車が走ってた。
今では海軍基地には自衛隊の駐屯地になってる。

東京大空襲の際、軍事施設も当然爆撃される訳だけども
この飛行台も当然、ターゲットで毎回爆撃されてたようで
防空壕があちこちにあった。

子どもの頃、この防空壕で遊ぶのが大好きで
よく遊んでいた。
この壕には、蝙蝠がすごい沢山いて、蝉を捕まえるような感覚で
蝙蝠がたくさんとれたので飼ってた。

この蝙蝠は飼ってた蝙蝠ではなくて、
家の換気扇の中に挟まってミイラになってたのを
大掃除の日に母親が見つけたので、貰った。

25年モノ。
大事に箱にしまってた。

ミイラはそろそろ流石に可哀相な感じがするので
次に実家に行った時にでも、埋葬しようかと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: no subject

耳の血管の拍動を聞く時は耳が潰れた鈍い痛みを伴っているので
意識したら眠れないので自分も苦手。
成人してからは、クリアしたゲームのレベル上げをしています。
退屈すぎてよく眠れます。

> 私は、寝た時、自分の耳の血管から聞こえる鼓動が怖かったですね。
> 「わあー、どうしよう。私、生きてる!」という恐怖感は、成人した今も時々感じますが。

no subject

私は、寝た時、自分の耳の血管から聞こえる鼓動が怖かったですね。
「わあー、どうしよう。私、生きてる!」という恐怖感は、成人した今も時々感じますが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。