プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が住んでいる横浜は早くも日常を取り戻しました。
自分にとって、今回の地震は色々と学ぶものがありました。

以前より、そろそろ大きな地震があると
権威のある学者さんが様々な学会で叫んでいました。
自分はそれを嘘だと思っていました。
まじめな人がまじめに何かを訴えているときは聞く耳を持った方がいいようです。

この恒久的に平和な日常、永遠と続くような気がする平らな世界
絶対に壊れるはずのないと思っているものでも結構あっさり壊れるのだと理解しました。

自分の周りでは、金曜日の地震で会社の同僚が4名行方不明なことがわかりました。
郡山にある支店が半壊。
茨城にある工場が復旧の見込みなく閉鎖。
交通事故が無数で入院が1名。

携帯電話は使えませんでした。
公衆電話は機能しました。
メールは生きていましたが、震災後数時間経たないと使えませんでした。
インターネットとラジオが一番情報が早かった。
デマ情報はいくつも流れました。

コンビニでは食べ物だけがなくなりました。
カードは何の役にも立ちません。
災害時はバイクが一番移動は早かった。

地震が起こったらパニックになるかと思ったら
地震の瞬間、自分は高速道路を走っていたのですが目眩と勘違いして、
首都高をすぐに降りて一番最初にしたことはコインパーキングに車を止めて
イスを倒して寝ました。
気がついたら夕方の5時。

起きて取りあえず最初に、実家に公衆電話から電話をしたら
母がひとりで父の帰りを待っていました。
実家は築20年の建て替えを検討しなきゃいけない物件なんですが
無事だった様子。

我が家は、棚に置いてあったフィギュアたちが全員倒れていましたが問題なし。

米や食料は常に2週間くらいはヒキコモって生活が出来るように備蓄しているので
食料事情もここぞとばかりに、非常食でそろそろやばい缶詰などを一気に消化すべく
食べています。

ただ、もうコンビニなども問題なく機能しているのでわざわざ非常食食べなくてもいいんですが。
もったいない気がして。

昨日は、すべての仕事をキャンセルして緊急体制を敷いていました。
医療器械のメーカーなので、非常時はすべての病院をハシゴして修理点検をします。
金曜深夜より、緊急呼び出しで土曜日までずっと点検。

都内、神奈川に関しては問題がないことがわかりましたので
今日は仕事を休みにしました。
地震の後なので相手も迷惑だろうし、すべて結局週末の仕事はキャンセルです。

やることがありません。時間を持て余しています。
予定していない休みですので、何をしたらいいのか。
家の近くのゲームショップでゲームを買いましたが30分で飽きました。

今は、京浜東北線でアキバに向かっています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。