プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親愛なる野比のびた様

あんなこといいな
できたらいいな
あんな夢 こんな夢いっぱいあるけど




昼起きて、ラジオを聞きながら緑茶をすする。
今日のニュースをネットで掴みながら、お気に入りのサイトを巡る。
人の墓前で昼の月を眺めながら、将来の不安を憂慮する。
何も決断したくなく、何も責任を取りたくなく。
明日はがんばろと先延ばし、何もしないすばらしい日々。
戻りたいけど戻れないし戻っても仕方がないし。

霧雨の中、傘を忘れたので濡れながら帰宅。
身体の奥底から震えがくる。
指先が震える。

ビトビトまとわりつくシャツを脱いで一発ゲロを吐く。
胃がむかついてる。

身体の奥の方から生きる為に飲み込んだメロンゼリーが鮮やかなグリーンのまま出てくる。
出てくるノドゴシは喉の奥でオタマジャクシが暴れてる感じ。
昔、縁日で食べたさとうきびの味。

溶解して消化するのもめんどくさがるのか、この横着な身体は。
ストライキ、反抗期を迎えた俺の身体。

自分は 
野比のびたより横着でめんどくさがり。
プライドは スネ夫より高い、が、バックボーンはない。
傲慢さはジャイアンよりあるが、健康な身体も力も気の強さも持ち合わせてない。
しずかちゃんより キレイ好きだが、時間も甲斐性もないのでゴミ屋敷に住んでる。

自分はダメなんだと認める事が出来たら、もっと自由になれるのかもね。
助けて下さいって言えたら、もっと楽に生きられるのかな。

親愛なる野比のびた君。
俺は君になりたかった。
なんだかんだと感情むき出しで向きあたり、体当たりで努力し、戦って負けられる君になりたかった。
負けを認められ、未来に立ち向かう決意を示す君になりたかったんだ。
君の脆さのもっと奥の方にある、本当の強さに惹かれていたんだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: no subject

だといいんですけど...ね
自分が一番信用出来ません。

no subject

それに気付く事ができたなら、きっと変われますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。