プロフィール

Es

Author:Es
東京のすみっこ在住
更新時間:深夜0時

夜寝る前に明日の不安で一杯で仕方がないという時に書き散らしています。
翌日になると最近はほぼ覚えていません。
みなさまにとっては全く有意義ではない自分の記録のみを書き綴っております。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐島部活辞めるってよ

連休3日目
今日は昼頃起きて髪を切りにいく。
年の瀬も迫り髪を切りたかった。

そういえば少し前までパーマをかけてた。
いつの間にかパーマをかけている時間の持て余しっぷりに嫌気がさして。

髪を切っている間、風邪を引いているから鼻がむずむずして1時間が永遠のように感じた。
帰って来てから「桐島部活辞めるってよ」を見る。
main_1.jpg


色々な角度から学校の青春群像を切り取ってる映画。
映画って自分への投影が難しいと感情移入が一切できない。

自分の高校時代に、青春的な感じはなかった。
少なくともおしゃれな感じではなかった。
なので、全然移入が出来なくて微妙な感じ。

自分は空手部だった。
痛いだけだ。
くさいだけだった。
仲間というより敵だらけ。

受験生とかだと睡眠時間が少ないのを自慢する痛い奴がいたけど
空手部では、折った骨の本数を自慢する痛い奴がウザイくらいいる。

でも、そんなもんだ。
高校なんて。

色々人生イベントのフラグ立てたければ死ぬ程必死で恥じかきながら生きろって。
恥かくことも、必死にフラグ立てる努力も出来ないなら
窓の外を眺めながら脳内で空想世界に浸るしかない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。